タミフルの幻覚症状とは?

日本の冬は非常に寒いだけでなく空気が異常に乾燥するのです。
こうした乾燥した空気中ではインフルエンザウィルスの活動が活発になり、長時間空気中を漂うことになるのです。
そのため人間は常にインフルエンザウィルスに接触していることになり、感染のリスクが高まるのです。
また乾燥した口や鼻からはインフルエンザも侵入しやすく、さらに感染の確率は上がるのです。
インフルエンザに感染しないためには、できるだけ室内を加湿し、湿度50パーセント以上を保つことが大事です。
そうすることでインフルエンザの活動は鈍くなるのです。
また手洗いうがいを徹底し、できるだけ手にウィルスを付着させないことが大事なのです。
最も有効な対策は秋の9月頃からインフルエンザの予防接種を受けておくことです。
予防接種は打てばすぐに効果を発揮するものではなく、効果を発揮するのは接種して二ヶ月目ぐらいからなのです。
そのため9月に接種すればシーズンの11月には万全に備えることができるのです。
しかしこれほど対策を講じていても体の免疫力が低下しているとどうしても感染しやすくなるのは事実です。
40度の高熱があるときはインフルエンザに感染している可能性が高く、病院でタミフルなどを処方してもらい治療することが大事です。
タミフルは世界で最も生産量が多いインフルエンザの特効薬で、錠剤で飲みやすく治療に用いる医師も多いものです。
しかしタミフルを未成年者に用いると幻覚症状と言う副作用が見られることがあるのです。
この幻覚症状とは麻薬や覚せい剤を用いた時と同じような、現実とは違うような異空間に居るような感覚になり、興奮したり昂ぶった感情になり、そのことで徘徊など異常行動が見られることもあるのです。
未成年者がタミフルを用いた事でこうした副作用が見られ転落し死亡事件なども起きているので、最近では未成年者の治療には粉末の吸入薬のリレンザが用いられるようになっています。

■処方箋なしでインフルの薬が買えます
インフルエンザ予防にリレンザ・タミフル通販
■インフル以外にも医薬品は通販できます
医薬品 ネット販売